小銭増殖計画

どうしたら資産が築けるのか考える。

FX

ちょっと変則ドルコスト平均法で豪ドル円積み立て

%e7%84%a1%e9%a1%8c 

今年度から始めたドルコスト平均法豪ドル円積み立てです。

この運用は、スワップサヤ取り運用よりややリスクの高いローリスク運用です。  

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法は、定額購入法ともいわれる手法です。

購入する資金を当分にし毎日一定額分の豪ドルを購入しています。

私はお小遣いを増やす運用にこの手法を使っていますので、お小遣いから1万円を毎月積み立てています。

実際に購入してみるとすぐわかるのですが、円安時は購入数量が少なく円高時には多く購入できるため、高値掴みしてしまっても影響を小さくすることができます。  

豪ドル円であることのメリット

豪ドルは経済健全性が高く、国債の格付けはAAAと最高位を誇っています。

オーストラリアは中国依存の面もありますが、継続的に経済成長を見込んでおり、さらには金利が高いためスワップポイントによる恩恵を存分に受けることができます。

高金利通貨は新興国通貨が多い中、先進国でありながら高金利ということが非常に魅了的です。

 

現状レバレッジ1倍でも2.3%程度の利回りとなります。

 

ちょっと変則部分

通常のドルコスト平均法ではレバレッジは一定で毎回一定額購入していくことになると考えますが、私の場合では、ある程度レバレッジをコントロールして一定額購入していきます。

通常1倍で買い増ししていきますが、安い時にはレバレッジを2〜3倍にして購入していきます。

現状のオーストラリアドルは70円代後半でこれまでの推移からみると比較的安いと感じており、現在は3倍で積み立てています。

80円以上では2倍までとし、85円以上は1倍までと自分の中でルール化して投資しています。

 

数年という長いスパンで考えるとまた100円近くまで上昇することも無くはないとおもいますので、今後も気長に積み立てていきます。    

-FX